相場が難しいのはなぜだろう、毎日パターンが細かく違うから?

休むも相場、2月18日(月)は、ノートレードでした。

2019年2月19日(火)ポンド円 5分足 朝7時前後より翌日9時前後 

 

19日(火)5分足は、サインが出た後なので1分足で他のチャートシステムで売買を繰り返しました。結局欲が出て無理に多く売買したところでマイナス決済となりました。夜の上昇トレンドは見逃してしまいました。

2019年2月19日(火)の結果 -24.9pips

本当はよくないトレード法だった。

2019年2月20日(水)ポンド円 5分足 朝7時前後より翌日9時前後 

昨日と同じく5分足サインが出た後なのでサインには乗れなかったけれど、売りゾーンなので1分で売買、下落に乗り切れず細切れの売買になってしまった。最後に安値で買いと薄利ながら収益できたが、本当はよくないトレード法だと思う。

2019年2月20日(水)の結果 +29.5pips

小刻み売買を繰り返す。

2019年2月21日(木)ポンド円 5分足 朝7時前後より翌日9時前後 

16時半前、買いサインが携帯にメールで届く、サインとルールを守ろうと買い建てした、しばらくして急に上昇したところを決済。小刻み売買を繰り返す。夜出かける予定だったので18時前には終了。

結局、サインとルールを厳守する方が勝ちにつながることが多い。だけど先日の記事のようにサインルールの例外パターンもある。相場が難しいのは、似たようなパターンはあっても、細かくパターンが変わり、1日として全く同じ相場の値動きはない、当たり前だけど。昨日はこれが通用しても今日は通用しないとかそういうことに対応していかないといけない事かな。ま、多くのパターンを知ることが大切なんじゃないかいな、。

2019年2月21日(木)の結果 +33.6pips

FXプチ珍問答集

Q.では、今日(2月22日)もFXプチ珍問答集いきましょうか?

A.おいおい、今日もか?

Q.ところで先日、海に行ったそうですね?

A.水曜日だったかな、ショッピングモールの帰りに回り道して立ち寄った。一人ドライブだ。天気が雨ではないが、いまひとつだった、海の色も青くなかった。気分転換するには海は良いかもしれない。

Q.波を長時間見ていたそうですね?

A.そうじゃ、白波を見ていて気がついたことがある。チャートとの共通点だ!大きい波、小さい波の繰り返しじゃ。波が高く上がると下がる、下がると上がる。

Q.アゲサゲでしたね?

A.深い!そうじゃ、相場はアゲサゲかもしれん。自然界のアゲサゲじゃ。フィボナッチリトレースメントは自然界の黄金律を割り出したもの。相場も自然界の一部そのものかもしれない。

Q.相場も自然界ですか?

A.ま、難しく考えることはない。肩肘はらないで力を抜いてトレンドの流れに乗って売買できた時は、楽に勝てた事が多いだろう。自然の流れに乗る!自然の流れに乗ってないからうまくいかない、難しく思えてしまう、わかったかな?たまには良い事言うだろう!

Q.今日は初めてまともですね。相場が難しいのはなぜだろう、毎日パターンが細かく違うから?じゃなくて自然の流れに乗れば見えてくるということですね。

A.そういうことじゃ、かのGoogle社、社員教育プログラムかに瞑想が取り入れてあるそうだ。瞑想も人間の心が自然の原点に返るという事じゃないかな。そういう流れがあるだろう。『自然に帰れ!』みたいな。そう、昔もあったけど時代時代の節目でそういう事が起こるのだ。時代が複雑になればなるほどね。相場チャートも同じじゃないかな。少なくともそういう視点を持つと難しく思えたことも何かが見えてくるんじゃないか。

免責事項

当サイトは、手法の紹介、検証、結果発表等はいたしますが、投資助言業務、投資勧誘を行うものではありませんので
何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。全て自己責任でお願いいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする