FXは危ないのか?サインと売買ルールに従ったが負けて損した!

2019年1月30日(水曜)ポンド円5分足です

16時台、3回売り建てしました。17時前急騰し損切りが遅れてしまいました。指標発表もチェックしていたのですが、重要指標はないと判断していました。ストップも-50pips に入れておいたのですが、外し、結局-50pips あたりで損切りするはめとなりました。

本日のトレード結果(1月30日水曜) -47.8pips

ポンド円 4時間足です(画像は1月31日)

縦の矢印のところ4時間足の抵抗ライン線、赤線(日足抵抗)で上にリバウンドしていましたね。142,7-8円付近のラインです。気になりながらもサインに乗っかりました。こういうところには注意しなくてなりません。あとトレンドラインもですね。

さて本日は、1月31日(木)午前10時過ぎ、5分足で売りサインが発生しました。ここも同様ですね。逆に言うとここのラインをどちらに向かうのかに注目だとは思います。↓

2019年1月31日(木)午前10時12分頃 ポンド円5分足 

売りサイン発生、雲、75EMAより下なので売りルール、時間が午前中なので適応外ですが、昨日と同じパターンなので注意が必要ですね。このラインを昨日は、あまり重要と考えなかった。

昔、女性に『危険がいっぱい!危なー!』と言われたことがあった。私がどこかに行こうと何気なく誘ったのだった、当然下心も何もなく純粋に遊びに行こうと言ったのだ。一瞬唖然としました。どこが危険じゃー?危ないとか危険というフレーズを聞くたびにそのやり取りを思い出すのです。ま、余談ですけど、、、。

FXは危険がいっぱいということは言えるかもしれないですね、だから何かしらの対策しておくのです。対策が長時間足のラインも意識しておくという事でしょうかね。

でもこの世の中、やや危険な香りがする男のほうがモテるようですね。今の自分は反対で全然だけど、、、。話がそれてしまいましたが、5分足とかの短期足だけではなく日足、4時間足もチェックして対策しましょうという話でした。

その後、142.763円付近を下抜けしました。勢いが弱く感じたので短めの売買をしただけで終わりました。全体的に下降トレンドでEMA75がきいていたようですね。

夜中FOMCの影響か急騰して戻ってきたようです。142.763円付近を下抜けは一時的なものとなりました。

トレード結果 +7.4pips

2019年2月1日(金)ポンド円 5分足 朝7時より翌日7時 

午前中少し売買したほかは様子見しました。22時30分 米国の非農業部門雇用者数 雇用統計発表でした。約1円急騰しました。最近は、高見の見物と決め込んでいますので夜はノートレードでした。

トレード結果 +8.7pips

その後 2月4日(月)の4時間足です

意識していました142,7円ラインを上に抜けました。一つ上のラインで下に戻りましたが、そのラインを上に抜けていくのかどうかに今週は注目しています。

1月28日(月)~2月2日(土)の結果は -12.2pips でした。

5分足でサイン発生、フィルターを見て条件が合致すると売買というルールでした。これに4時間足、日足等の長めの足をチェックしその抵抗ライン、トレンドライン等では逆に反発されることが多いので要注意することが必要という事を学びました。ちょうど水曜日が好例でした。

FXは危ないのか?サインと売買ルールに従ったが負けて損した!けどなんとか挽回できた。そんなに危なくないとは思っています。ただ、ストップを入れないで放置トレードだけは、とても危ないと思います。大きく動いたら大損する可能性があるからです。さ、今週は気を取り直していきます。ではでは。

免責事項

当サイトは、手法の紹介、検証、結果発表等はいたしますが、投資助言業務、投資勧誘を行うものではありませんので
何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。全て自己責任でお願いいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする