FXに初心者でも勝てる確率が高い方法について考えてみた!

2019年1月16日(水曜)ポンド円5分足です

新年明けましておめでとうございます。やっとトレード再開しました。何十年かぶりにインフルエンザにかかり、新年早々家にこもり大人しくしていました。相場もスマホで軽くチェックしただけでとてもPCに向かってトレードの元気はなかったです。12月からプライベート面忙しく疲れが出たようです。

16時半前、ちょうど買いサインが発生しました、価格もEMA75より上ですのでルールに合致しますので買い建てしました。買いすぐに下落してマイナスを含んでいましたが、気にしないで得意のAmazon などのページを見ていました。しばらくすると相場の方、マイナスからプラスに転換されてきました。

やや価格が上に動いたところで決済しました。+36.6pips で決済できました。約40分程の保持時間だったかと思います。本日はもう終わりです。

FXに初心者でも勝てる確率が高い方法について考えてみた!ですが、私がお手伝いしている方の例なんですが、負ける確率が高いんです。8割負けています。ツールもこのページのチャートとほぼ変わりないものを使用しています。

どうして負けてるのかといいますと、ルールを守れてないのです。クロスサインがメールで飛んできてもルール通り売買しないのです。何年もFXやっている方ですがいまだに勘で売買しているのです。一日の売買回数が異常に多いのです。

話を本題に戻しましょう、決めているルールは守らくなくてはなりません。サインもフィルターによって売買する場合もあるし、見合わせる場合もありますね。ルールでどうするか決めているならその方式に従わないといけません。

私の場合も、ルールを守れなかった時の勝率は低いです。いまだに守れないこともあります。ですけど勝ちトレードが続いている時ほどルールが守れています。クロスサインとフィルタールールを厳守しても100%勝てるとは限りませんが、ルールに従って売買したならマイナス決済となったとしてもトレードは成功と考えるべきでしょう。

結論は、ルールをしっかり守ることに尽きると思います、前提条件としてツールは優秀なものを使用するというが必至だとは思いますけど、、。

FXに初心者でも勝てる確率が高い方法

1 優秀なツールを入手する

 トレード環境にもよりますのでご自分の好みのものが良いと思います。

2 トレードルールを守る(ここが一番難しいと私は考えています、また私の課題です)

3 資金管理

特に2番のルールを守ることができるようになると勝率がかなり上がってくるはずです。あまり難しく考えないでサイン発生時ルールに従って売買していくだけでよいのですから。FXってそんなに天才しか儲けられないものだとは思いませんね。

1月16日(水曜)のトレード結果 +35.6pips 

2019年1月17日(木曜)ポンド円1分足です

今日は急用が入り出かけたのでした。急用といっても保険の契約の手続きで隣町まで車を飛ばし出かけたのでした。だから売りサインが出てもすぐには売買建てできず、家に帰ってすぐに売り建てしました。ま、厳密にいうと次のサインが発生するまで待つべきでしょう。

やや遅れて売り建て、リバウンドしたところで再度売り建てしました。2回で終わりです。今はまだ17時になっていませんが、もう今日もトレードは終わりにします。

え、早終わり、ケーチ!という声も聞こえてきそうですね。はい、ケーチです、意気地なしです。1円くらい動くかもしれんぞー!という悪魔の囁きも聞こえてきそうですが、はいやめます。

1月17日(木曜)のトレード結果 +28.0pips

THV ポンド円1分足画像です。17時20分前のチャート画像です↓

赤のクロス、売りサインに従うだけでかなり収穫となったようですね、、、。白丸のところで売りです。色の移動平均線より下に価格があるので売りのみ行うルールとしています。

※参考 THVシステム詳細

2019年1月18日(金曜)ポンド円1分足です

16時30分過ぎ、サインやや遅れて売り建てしました。昨日と同じです。その後、良いタイミングで決済しそこねて自分としては長く保持しました。20pips は獲得したいと頑張っていましたが、指標発表もあり、上昇していきました。

5分足チャートで買いサインは発生せず、売りのままでしたので保持した訳です。1分足で再度下落始めたところで決済しました。3時間程でしたがとても長く感じました。

1月18日(金曜)のトレード結果 +20.2pips

免責事項

当サイトは、手法の紹介、検証、結果発表等はいたしますが、投資助言業務、投資勧誘を行うものではありませんので
何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。全て自己責任でお願いいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする