クリスマス日経平均1000円超下落、トランプ政権混乱影響か

メリークリスマス!

クリスマスイブは、タワーマンションの最上階で美女たちとセレブパーティーしてました。

と書きたいところですが、全くのウソで本当は雑事が多く先週一週間は、トレード全てお休みしました。パーティーもなしです。年賀も書く暇なし、、、。23日だけはペンションと民宿の中間みたいなところでバカ騒ぎはしたかな。イベントの打ち上げでした。スタッフとして参加したのです。私がトレーダーなんて誰も知りません。目立たないひとりとして。

先週は珍しくPCもあまり使わずじまいでした。スマホでチャートはたまに見ていましたが勢いを感じませんでした。ところでMT4でも日経平均株価は表示できるのです。

日経平均株価 2018年12月25日(火曜)日足チャートです

 

10月1日、24,000円台をピークに19,000円台まで下落してきました。さてここで持ち直すがさらに下落するかが、気になるところですね。週足を見てみましょう。

↓日経平均株価 2018年12月25日(火曜)週足チャートです

左側辺りと同じくらい下落してきました。ここでリバウンドして一旦止まってしまうか。さらに下落していくかが注目点ですね。トランプ政権混乱が影響しているみたいですのでこればっかりはテクニカルはあまり通用しないかもしれませんね。

見た目は、リバウンドしそうに見えますが、どうなるかわかりませんね。決め打ちは危険です。ただ、下がったら買いが入るのは確かにあります。ここいらで買いたい気持ちはわかります、、。

ポンド円のMT4が止まっていましたので日経平均を眺めていた訳です。

ヨーロッパ勢は、クリスマス休暇に入っているところ、正月は1月2日から戻ってきますので要注意です。御祝儀相場で動くかもしれません。ちょっと早めにいまから備えておきましょう。

免責事項

当サイトは、手法の紹介、検証、結果発表等はいたしますが、投資助言業務、投資勧誘を行うものではありませんので
何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。全て自己責任でお願いいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする