トルコ通貨危機・トルコショックもひと段落か!リバウンド上昇

2018年8月20日(月)ユーロ円5分足 一日のチャート画像

ほとんど動きなしという感じでしたね。

同じくユーロ円5分足、昨日のチャート画像です。

白矢印のところ点線より下をさしています。20時30分過以降とかです。これは、相場の勢いを現しているインジケーターです。売買エントリーするかどうか迷う時の参考指標として利用しています。昨日2018年8月20日(月)は、ノーエントリーでした。

これは、ADXDMIというインジケーターを元にアラート化したものです。ADXDMIは、相場の勢い、値動きの勢いを数値化してものです。表示の仕方によっては、売り買いの勢いが一目でわかる、便利な指標(インジケーター)です。

MT4の場合ですが、ADXDMIを表示させるとこうです。↓

なんのことだかわかりませんね。表示方法を変えていきましょう。

ピンク色の線が上だと買い優勢となるよう設定しました。これだけでも売買の目安が一目でわかりますね。 こうなんですが、売買判断は、他の指標と一番上のチャートでわかりますね。

これだとどうでしょう。点線より下の部分は、相場の勢いが弱い部分で売買をしない方がよいところの目安としています。そうしなくてはいけないと訳ではありません。値動きを見てもあまり動いてなくて売買しないポイントだという事がいえますね。参考設定です。パラメーターはデフォルトのままにしています。

↓※当サイトこちらのページから無料ダウンロードできます。

インジケーター紹介ページ ADXDMI

という訳でインジケーターをそのまま信用して売買しなかった訳ではないですが、2018年8月20日(月)はノーエントリー、売買はお休みしました。ま、月曜日ですから、様子見程度で良かったようです。月曜日は様子見程度にするというトレーダーさんもよく聞きます。

2018年8月21日(火)ユーロ円5分足 16時30分過ぎ

今日は、横になっていると寝入ってしまいスタンバイが遅れました、PCのスイッチを入れチャートを表示するとちょうどEMA75にさしかかっているではあーりませんか!EMA75、5分足に関してはよくリバウンドするポイントです、サイン無視であわてて買い建てしました。(売りでなくです)黄色丸のところです。サイン・ルール無視です。

売買枚数の1枚の千通貨で枚数の誤発注です、またやらかしました。我ながらあわてている様を思い出し自分の馬鹿さ加減にわらってしまいました。買い直したのはいいのですが、MA75を下抜けして下落していきます。たまらず損切りです。

8.1pips 損失です。

ユーロ円 1分足 同上

下がったのでまたまたあわてて、2回目、サイン無視の売り建てしました、今度は5分足、MA75を上に抜け上がっていくでは、あーりませんか!またもや損切りです。5.1pips 損失です。

そして1分足チャート、青の丸印、今度は1分足チャートですが、サインに従いました。なんと今度は、買ったとたん下がっていくでは、あーりませんか!サインも売りサインがでましたので損切りしました。

9.9pipsの損失です。オーマイゴッド!3連敗 通称往復ビンタというやつプラスワンです。完全にペースを乱されました、というより一人で混乱していただけといったほうがピッタリでしょう。

ユーロ円 1分足 18時過ぎのチャート画像です。

その後、買いサインが出たのは確認したのですが、手が出せずチャートをとじました。18時過ぎ頃には見事に上昇しています。左から3つ目の買いサイン、三度目の正直というやつでしょうか!ここは手が出せずでした。負けてしまうと連敗が怖くて手も足も出せなくなります。

24.1pipis 損失です。

翻弄という言葉がピッタリの完全負けトレードでした。

サインルール無視するとこうなったです。時々やってしまいます。体調のせいにはしませんが、台風が発生しており、嵐の前の静けさを感じます。気圧の変化か偏頭痛がしています。気象条件がもたらす人への心理的な影響も忘れてはなりません。

だいたい1分足でというのが間違いだったかもしれませんね。2%以上の損失を出してしまいました。今日のトレードは終わりにします。今週のクロス円は荒れるかもしれませんね、、。気象条件が、相場に影響が出るのではなくて我々トレードする側にと考えますので要注意ではないでしょうか。まだ青二才のわたしにはそうですね、、、。あすから気を取り直していきます!ではでは!

2018年8月22日(水)ユーロ円5分足 一日の流れ

ユーロ円、22日(水)朝より23日朝までのチャート画像です。昨日のチャンスは、18時台からの上昇夜中にかけての上昇でしょうか。昨日は、ノートレードでした。前日の負けが尾を引いているのか売買意欲が出ないまますぎてしまいました。

トルコ通貨危機・トルコショックもひと段落、リバウンド中のようで上昇していきました。

大きな相場の動きの後は、もみ合い相場となり値動きも不安定になる場合が多いです。大きな動きのチャンスを狙って行きたいです。待つも相場です。

2018年8月23日(木)ユーロ円 午前10時20分頃 日足チャート

日足で見ると一目瞭然、リバウンドしていますね。フィボナッチリトリースメントを引いてみました。61.8%,50% のところで止まったりしています、不思議と当てはまることがあるのです。『相場は上げ下げを繰り返す』ですからまだどうなるかわかりませんね。

今回の直近最低値から38.2%を超え50%辺りまで上昇するかどうかに注目しています。38.2%を超えたからといって50%まで戻るとは限らないので思い込みには注意が必要です。

免責事項

当サイトは、手法の紹介、検証、結果発表等はいたしますが、投資助言業務、投資勧誘を行うものではありませんので何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。全て自己責任でお願いいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする