一目均衡表(プロ定番)簡単!こうすればわかりやすいかもね!

一目均衡表の簡単だけど有効な方法をご紹介しましょう。

この前の、一目均衡表(プロ定番)難解?実は簡単、こうすれば勝てるかも!引き続き復習しましょう。見やすく、表示方法を変えたつもりです。

 2017年11月14日(火)21時45分前後 ポンド円 5分足チャートです。

一目均衡表は難解だけど、分けて表示すれば簡単というお話しました。一番簡単で分かりやすく有効な表示方法にしてみました。

ピンクの線を先行スパン1

ブルーの線を先行スパン2

その間の帯状のものを雲と呼んでいます。

ピンクの線が上なら買い、ブルーが上なら売りをうまく表していると思いませんか、決済は、別にして売買の基準がはっきり決められますよね。私は、雲の上にその時のろうそく足がどこにあるのかで判断しています。上なら買い、下なら売りと判断できますね。今は細かい事は抜きにしてです。

ちなみにろうそく足、現在の価格が雲の中にあるときは、様子見ですね。

ここでひとつ裏技をご紹介しましょう。

今は、先端がブルーなので売りですね。雲の位置を見やすいように移動してみました。

一目均衡表(MT4)のパラメーターです。

青矢印の部分、26を0にしました。先行シフトをゼロにして現在に持って来た訳です。

26本分前に表示されているのをゼロにしたのです、ここのところはよくわからなくてもかまいませんので読み進めて下さい。ま、雲の表示位置が変わったくらいの認識でかまいません。

単純に見てピンクなら買い、ブルーなら売りでなんとなくいけそうな気がしませんか?

上のチャート見てください、雲が広がっていますね。広がりつつあるという感じですね。このまま下落していくような気配ですね、広がりは勢いの表れではないでしょうか?

ただ今、22時32分のチャート画像です。

やや下落してきましたね。これだけでも良さそうな気がしませんか?

色を強調してみました。ピンクなら買い、ブルーなら売りです。

良く観察してみてくださいね。売買するときのフィルターなんでしたっけ?あとはそれを表示してと、、、。あれもうできるんじゃない、、。

では、今日はここまでまた、、。

これは、FXだけでなく今流行のビットコインにも応用できます。使わない手はないですよね!

2017年11月29日(水曜)

超渋いチャートを作ってみました。 ポンド円 5分足 19時5分からのチャート画像です。画像クリックで拡大します。

雲の色の変化だけで売買できますよね、、、。

早めの決済が必要ですけど、、。

一目の設定、色の線を太くしました。

ろうそく足をラインチャートに変更。

先行スパン(雲)先行させないで現在に持ってきました。

設定は上記にあります。

もひとつおまけに雲の15分を追加しました。↓

大きい方の雲の上なら買いゾーン、下なら売りゾーンで条件合致で売買するです。これなら安心して売買できますね。

縮小してみました。↓

5分足チャートに15分足、60分足とかの指標を表示する考え方で時間足が大きいほどダマシが少なくなる(精度が高い)のでフィルターの役割で表示させることがあります。MTFとかいってマルチタイムフレームとよんでいます。

もう一度、書きますね。大きい雲の上は買うだけのところ、下なら売るだけのところ。で小さいほうの足の色に従い売買します。大きい雲の上でブルーなら売買はしません、ピンクなら買いだけします。そのところよく見てみて下さいね。簡単でしょ!

こうやってフィルターをかけて売買していくと勝率が上がりますよね。

最初はわからないかもしれないけど、そのうちわかるようになりますから安心してくださいね。

こういう感じで表示させています。↓

ピンクがで買いの場所、ブルーは売りの場所、こうして見れば簡単だと思いませんか。

免責事項

当サイトは、手法の紹介、検証、結果発表等はいたしますが、投資助言業務、投資勧誘を行うものではありませんので
何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。全て自己責任でお願いいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする