チャートとトレードの方法、あなたが好きな理想のスタイルは?

2017年7月25日 19時 ポンド円 1分足です。

理想の形のチャートとは?

1回目の白丸のところが、5-20-75ときれいに並んでいますね、理想の形です。2回目の白丸のところは、MAの並びが、20-5-75 とルールでは売買しないところになりますね。ルールではですけど、しかし75でよく止まることがあるので2回目の白丸のところでエントリーしました。

こういうのを逆バリと言われています。1回目のチャンスを逃したためです。でもルール無視は無視です。逆は利益も少なくなります。

5分足でどうしても動きが遅いときは、1分足に切り替えて見ています。当然、短い時間足の方が、ダマシも多くなりますけど、、、。

MT4では、一般的には1分足、5分足、15分足、30分足、1時間足、4時間足、日足、週足、月足と長くなります。証券会社によっては、2時間足とかも色々ありますが、MT4表示は上記の順番になります。

7月27日 19時半過ぎ ポンド円 5分足

トレードの方法は、何分足を主に使用するかは、トレードのスタイルによって変わります。

デイトレーダーって投資の世界では、よく聞く言葉だと思います。デイトレードが、1日のうちに決済してしまう方法です。1時間足、30分足、15分足、5分足をよく見てトレードします。人それぞれだとは思いますが、大体そのあたりです。あまりこだわらなくて良いかと思われます。

もっと短めだとスキャルピングといって数秒~数分あたりで決済する方法です。5分足、1分足を使用される方が多いかと思います。特殊な例として30秒足、10秒足という特殊な表示方法でトレードされる方もいらっしゃいます。

ここでトレードしている私の場合は、デイトレードとスキャルピングの間くらいで日によって変わります。先日ポジションを数日持ち越し大負けしましたね、持ち越しが悪い訳ではないです。自分の場合、性格的に長くポジションを持ち続けられないだけです。

7月27日 日足 ポンド円 平行線を自動で表示してくれるオリジナルインジケーター使用

スイングトレード・・・数日から数十日ポジションを保持して決済する方法。

資金が多くて長く保持できる人にお薦めな方法になります。月足、週足でトレンドの方向性を決め、日足、時間足でエントリーします。ある程度のマイナスになっても保持できる資金と忍耐が必要です。

長めの足なのでエントリー回数が少なくなりチャンスも少ないですが、ダマシに合うリスクが減ります。長く保持する方法で、資金あたりの売買枚数が少なくなるので資金がある程度必要となります。が利益も多いです。

スイングトレードといわれる以上保持続ける方法もあるようですが、レアなケースとなるので割愛させていただきます。まとめてみますと下記のとおりです。

7月27日 4時間足 ポンド円

トレードスタイルのまとめ(上から短い順番です)

スキャルピング 数秒~数分の超短時間で決済 1回あたりの利益は少ない チャンスは多いのでサラリーマンとかお勤めの方で時間があまり取れない人向き リスク少ない

 ↓

デイトレード数分~数時間、その日のうちに決済 1回あたりの利益はほどほど。 チャンスは一日、数回 リスク少ない

 ↓

スイングトレード 数日から数十日、ポジションを保持 1回あたりの利益は多いが、チャンスが少ない。急落急騰のリスクがたまにあるのでストップを必ず入れておく必要あり。

と簡単ではありますが、3つにまとめてみました。要は、時間、資金、性格、好み等により人それぞれになり自分に合った方法でするのが一番です。

ここまで読んでくれてありがとう!ではまた!

免責事項

当サイトは、手法の紹介、検証、結果発表等はいたしますが、投資助言業務、投資勧誘を行うものではありませんので
何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。全て自己責任でお願いいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする